【女子SPA!】に掲載されました。

LINEの流出を防ぐ「鍵マーク」知ってる?付いていない人は要注意

ITジャーナリストの久原健司です。

 普段当たり前のように使っているLINEですが、他人に見られたらまずい内容を送っていませんか?

名前の横に鍵マークがない人は要注意!

 ベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音の不倫LINEが流出したりと、LINEのプライバシー問題はたびたび話題になります(ベッキーたちの場合はなぜ流出したのか諸説ありますが)。

 多くの方は、「あれは芸能人だから」と自分には関係ないと思っていることでしょう。しかし、そんなことはありません。あなたの場合も、友達に送った秘密の情報がつつぬけになっている可能性が十分にあるのです。そこで今回は、「LINEのメッセージを流出させない方法」をご紹介します。

LINEを交換した際に最初に見るべきところは?

 LINEを交換してまずチェックするのは、トークルームの名前の左側に「鍵マーク」がついているかどうかです。

まずは鍵マークをチェック!

 なぜ鍵マークを確認するかと言いますと、このマークがついているということは、「メッセージが暗号化されている」という証拠なので、第三者に情報が漏れる心配がほとんどないからです。

 もちろん、鍵マークが付いていないからといって、すぐに何らかの被害にあうわけではありません。しかし、LINEの運営側も推奨している機能ですので、付けておいた方が良いでしょう。

設定確認方法は?

 肝心の設定方法ですが、とても簡単です。

 iPhone/Android版LINEアプリで「設定→プライバシー管理→Letter Sealing(鍵マークのこと)の項目をオン」で終了です。

まずはメイン画面の左上にある「設定」を押す

次に、設定の中にある「プライバシー管理」をタップ

プライバシー管理の「Letter Sealing」をオンにしたら完了です!

 また、アプリを最新にアップデートしていない場合は、設定→トーク・通話に進まないと、Letter Sealingの項目に辿り着かない場合もありますが、いずれにせよ、項目をオンにすればOKです。

 現在では、Letter Sealingがデフォルト有効化されているのですが、昔から同じ端末を使っている場合や、機種変更時のトーク履歴引き継ぎで設定を解除してしまい、そのままにしたケースでLetter Sealingの項目がオフになっている場合があります。現在鍵マークがついている方も、念のために確認してみることお勧めします。

 また、この機能はLINEをするお互いがオンになっていないと意味がありません。ご自身が設定しても鍵マークが付かない場合は、相手が設定していないということです。そのような場合はトーク相手にも設定してもらいましょう。

暗号化しないとどうなるの?

 鍵マークがついていない場合は、「暗号化されていない」ということですので、トークルームでやり取りしているメッセージが第三者に見られてしまう可能性がゼロではありません。例えば、LINEのサーバーがハッキングされたり、LINEの社員が悪意を持って流出させるなどといったケースです。

「Letter Sealing(鍵マーク)」は、2015年10月ごろからLINEが提供を始めた新しいセキュリティ機能で、トーク内容を解読できないように設計された通信方式です。

 設定を行っておけばLINEのサーバー内でもメッセージの内容が暗号化された状態で保存されます。したがって、携帯を覗かれたりしなければ、そう簡単に情報が洩れることはないというわけです。

 ちなみに、現時点で保護されるのはトーク内のテキストと位置情報のみとなっているようですが、適用対象となる情報を順次拡大していく予定のようです。

「Letter Sealing」の設定をすることは、トークを行う相手に対して思いやりの心の意思表示です。大切な人の会話を守るためにも、今一度確認を行ってみて下さい。

【久原健司】
1978年生まれ。ITの人材派遣会社やソフトウェア開発会社を経て、2007年に株式会社プロイノベーションを設立。現在は、一般社団法人日本情報技術振興協会(JAPRO)認定講師として企業研修を行ったり、日本一背の高いITジャーナリストとしてwebメディアでも活躍している。

https://joshi-spa.jp/870420