【女子SPA!】に掲載されました。 – Proinnovation

【女子SPA!】に掲載されました。

PayPayの“100億円還元”第2弾は前よりショボい?次こそトクする鉄則

 ITジャーナリストの久原健司です。
 昨年末に100億円還元キャンペーンで話題になった、電子決済サービスPayPay(ペイペイ)。「第2弾100億円キャンペーン」が2月12日からスタートすると発表され、話題になっています。

 そこで、前回乗り遅れて悔しい思いをした人に向けて、今回のキャンペーンのお得な使い方や、いまさら聞けない基礎知識を紹介します。

2月12日からのキャンペーンでお得に使う方法

 改めておさらいすると、PayPayはスマホにアプリをダウンロードすると、ファミリーマートやビックカメラなどたくさんのお店で使える電子決済システムです。ソフトバンクとヤフーが共同出資した会社で、PayPayを広めるために、お得なバラまきキャンペーンが展開されているわけです。
 バラまきは、100億円に達したら終了。早いうちにトクしなきゃ!

 昨年末の第一弾は、誰でも20%還元(買った金額の20%キャッシュバック)&最大10万円キャッシュバックがその場で当たるものだったキャンペーン。今回は、「より多くの方に、生活の一部としてPayPayを使ってもらおう」という経営側の考えが読み取れるような内容になっており、第一弾と大きく変更されています。

◆還元額の上限が変わる

 まず、20%還元の上限に変更があります。

 前回は20%還元上限が月5万円だったのに対して、「1回あたり上限1000円、期間中5万円まで」と大幅に変更。第一弾のように、高額商品を購入してガッツリボーナスをもらうことができなくなりました。

◆支払い方法によって還元率が変わる

 また、第一弾ではどの支払い方法でも決済額の20%が還元されましたが、今回は「PayPay残高かYahoo!マネーで支払ったとき」のみ。

 Yahoo! JAPANカードでの支払いは還元率19%、その他のクレジットカードでは10%にまで下がるので注意が必要です。

 こう見ると、前回よりも縛りが厳しくなったように感じますが、一方で良い方向に変わった内容もあります。

 その目玉の一つが「やたら当たるくじ」の当選率アップです。

「やたら当たるくじ」とは、抽選で全額が還元されるサービスで、この当選確率が前回の「40回に1回」から「10回に1回」へ上がりました。さらに、Yahoo!プレミアム会員は「20回に1回」から「5回に1回」と、かなり高確率になったことがうかがえます。

 ただ、このくじの対象は「PayPay残高、Yahoo!マネー、Yahoo! JAPANカードで支払ったときのみ」であるということ。Yahoo! JAPANカード以外のクレジットカードでは対象外となるので注意が必要です。

 今回のキャンペーンでお得なのは、Yahoo!プレミアム会員で5000円未満の買い物をすることでしょう。また、前回は高額商品を購入して還元率で得をする方が多かったですが、今回はコンビニなどで小額決済を何回も利用した方が良いと思います。

今さら聞けないPayPayの使い方

 このようにお得なPayPayですが、実はどうやって使うのかいまいち分からない…という方も多いのではないでしょうか? そんなPayPay初心者の方のために、基本的な使い方を説明します。

 まず、アプリストアからPayPayをダウンロードしたら、電話番号とパスワードを入力して新規登録します。登録した電話番号にSMSが届いたら、記載されている認証コードを入力します。これで新規登録は完了し、すぐに500円の買い物券がもらえます。

 また、下にあるメニューの「スキャン支払い」をタップすると、カメラ機能権限の許可を聞かれます。導入店舗のQRコードを読み込んで支払う場合は「許可」しておきましょう。

どのように現金をチャージするの?

 最初に貰える500円を使い切ったら、お金をチャージするために、支払い方法を登録する必要があります。

 まずは銀行のキャッシュカードや通帳を用意してから、左上にある3本線マークをタップし、「お支払い方法の管理」を選びます。

 次に「PayPay残高にチャージ」→「銀行を追加してください」をタップし、口座情報を追加します。そして、設定した預金口座の銀行を選び、口座情報を入れ、各銀行のサイト指示に従って情報を入力します。

 銀行情報入力後に預金口座情報が追加されていれば完了となります。現在、はじめてのチャージで1000円相当のPayPayライト(PayPayにチャージした金額)がもらえます。PayPayライトは有効期限が2年間なので気を付けましょう。

利用する際の注意点

 PayPayを使用できるところは、コンビニやチェーン居酒屋などの飲食店、家電量販店はもちろん、タクシーや宿泊施設でも使用できます。ただ、使用できない店や施設も多いので注意が必要です。

 また、買い物中に残高が不足していた場合は、他の支払い方法と併用できません。さらに、多めにチャージしてしまった場合も、PayPayの残金を現金に戻すことはできないので注意が必要ですね。

 前回はたった10日でキャンペーンが終了してしまいましたが、今回はゆっくりとしたキャンペーンになると思います。還元率は高いので、欲しい商品があれば良いのですが、ポイント欲しさにいらない商品を買う必要はないと思います。必要な商品が出たときに賢く利用しましょう。

<文/久原健司>

https://joshi-spa.jp/906168