【JCASTニュース】に掲載されました。 – Proinnovation

【JCASTニュース】に掲載されました。

【 ITでできる副業】(その3)狙い目のITのお仕事、ありますか?

プログラミングのお仕事って難しそうで、ボクにはちょっと無理そうだじぇい。でも、これから増えるであろうIT関連の副業で、なにか狙い目の仕事があるかも。久原先生、教えてほしいじぇい!

RPAの仕事にアンテナを立てておく!

簡単な仕事については、応募する人が殺到した場合、値段はドンドン安くなってしまう場合があります。とはいえ、難しい仕事に関しては勉強の時間が多く取られてしまいますので、専門的な知識がない人にとっては「副業」として手を出すのは難しいです。
とはいえ最近、IT分野で狙い目の仕事では、比較的専門的なIT知識がなくても、技術習得が簡単であるRPA(Robotic Process Automation)の仕事に対してアンテナを立てておくことがいいかな、と考えます。
RPAは、市場的に年率約40~60%で急成長しているIT分野で、事務仕事の単純作業をロボットに任せてしまおうといったもの。日本の人材不足を解消する仕事です。
プログラムの難易度も比較的低めで、プログラミング言語をガリガリ書くといったものではなく、業務の内容をフローチャートに落とし込んでいく、比較的可視性の高いものが多く存在します。
たとえば、RPAに関連する記事を作成できるライターの仕事では、実務経験はなくても1本の記事で3000円程度の収入が得られるケースもあり、月額で30~50万円となれば、かなりいいかなと思いますし、今後RPAの仕事は増えていくと思いますから、先行者利益を狙うなら、オススメの仕事といえそうです。

久原 健司
株式会社プロイノベーション 代表取締役/JAPRO認定講師
1978年生まれ。
2001年東海大学工学部通信工学科卒業後、ITの人材派遣会社に入社。大手コンビニエンスストアのPOSシステムの保守運用業務を担当。その後、2003年にソフトウェア開発の会社でシステムエンジニアとして大手通信会社のWebアプリケーションシステム開発など多くの開発業務に携わったが、小さい頃から独立したい気持ちが強く、3年後の2006年に独立を決意。2007年(29歳)に(株)プロイノベーションを設立し、当時としては珍しいオブジェクト指向によるモデリング開発でのサービス提供を始める。
現在は、代表取締役を務める傍、JAPROの認定講師の資格を取得し、さまざまなIT企業を中心に研修なども行っている。

https://www.j-cast.com/kaisha/2018/08/22336467.html