【SankeiBiz】に掲載されました。

プロのフリーランスを集めて企業の成長をサポート!プロジェクト第1弾は動画とPRの特性を活かす「振り向くホームページ」

株式会社プロイノベーション(本社:東京都大田区、代表取締役:久原 健司)は、フリーランスで活動する様々なプロフェッショナルを組み合わせることで、企業の成長をサポートする新プロジェクトの第1弾として、多くの人に振り向いてもらえるホームページ制作のサポートサービス「振り向くホームページ」の提供を2018年4月26日に開始いたします。

 「振り向くホームページ」
http://furimuku.com/

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/154205/LL_img_154205_1.jpg
振り向くホームページ(1)

 ■企業とフリーランスの関係性の現状
現在の、フリーランス人材は、1,000万人以上と言われております。
今年の2月15日、公正取引委員会の有識者会議は、フリーランスも独禁法で保護すると発表したこともあり、フリーランスの働き方ということに対して、世の中の関心はこれまで以上に高くなっています。また、最近では、企業とフリーランスのマッチングサイトやアプリも出てくるなど、営業方法も多種多様となっていることもフリーランス人材が増加している要因となっているのではないかと思います。
そんな増加を続けるフリーランス人材ですが、一方で数が増えているにも関わらず、企業におけるフリーランスの活用は進んでいないのも現状です。経済産業省の調査〔平成28年度産業経済研究委託事業(働き方改革に関する企業の実態調査)報告書〕では、およそ47.6%の企業が「現在活用しておらず、今後の活用も検討していない」と回答しており、理由としては「費用対効果が不明」が28.2%と最も高く、「技術・ノウハウ・機密情報等の流出懸念」が23.3%と続いており、さらに「適切なフリーランス先が見つからない/相談相手がいない」や「活用領域が限られており、効果が小さい」「個人への契約締結に対する不安(社会的信用力の不安)」がそれぞれ17%となっています。

 ■提供を決めた理由
これからのビジネス社会では、フリーランス人材をうまく活用していくことは企業をより成長させる近道であると、当社は考えております。なぜなら、フリーランスで働く人の多くは、ひとつの極めた分野で生計を立てており、その分野におけるプロフェッショナルなのです。プロフェッショナルを新たに雇用するのではなく、現在雇用している人たちにプロフェッショナルの知識・ノウハウを少しでも吸収できれば、高い人件費を払わずして、企業は成長することができるということです。
そこで今回、当社では、フリーランスで活動する様々なプロフェッショナルを組み合わせることで、企業の成長をサポートする新プロジェクトを開始することとなり、第1弾として、当社がIT関連のフリーランスと多く繋がりがあることから、まずは多くの人に振り向いてもらうためのホームページの制作をサポートする「振り向くホームページ」を提供する運びとなりました。

 ■「振り向くホームページ」のサービス概要
<ホームページ×動画の特性>
現在アメリカのEC企業TOP1,000社の半数が動画を使っているとも言われており、動画への投資は、ブランディング面でも、売り上げ面でも効果が高く、万能なマーケティングツールとして世界的に認識されています。さらに、写真に比べて動画の情報量は5,000倍あるといわれております。
また、1971年にアメリカの心理学者アルバート・メラビアンが提唱した“メラビアンの法則”において「人物の第一印象は初めて会った時の3~5秒で決まり、その情報のほとんどを「視覚」から得ている」という概念があります。具体的には、言語情報から読み取る割合が7%、聴覚情報から読み取る割合が38%、視覚情報から読み取る割合が55%というものです。
これらの情報を総合すると、通信インフラも整備されてきた現在は、YouTubeなどの動画サイトで情報を取得することが一般化されてきており、短い時間で多くの情報を伝えるためには、動画での情報発信は非常に効果的であると考えられ、ホームページ内に動画のプロフェッショナルが制作をしたオリジナル動画を組み込むことにより、企業様の商品・サービスを、より多くのお客様に振り向いてもらうためのお手伝いをいたします。

 <ホームページ×PRの特性>
プレスリリースによるパブリシティは、広告よりもはるかに費用対効果は高く、媒体費用ほとんど掛からないのに、広告の3倍の媒体効果があると言われております。
ネット大手Amazonの社長であるジェフ・ベゾスは、新しいこと始める際、初めにプレスリリースを書くことを、最も大切にしている手順の一つとしていることは有名な話です。プレスリリースを書くことは、商品やサービスのコンセプトや要点を整理することもでき、非常に有用性のあるものと位置付けられています。
企業さまの多くは、ホームページ制作会社とPR会社は分けているのではないでしょうか。しかし、ホームページは自社をPRしていくうえで最も重要な営業資料でもあるため、切り離して考えるのは非常にもったいないことなのです。もちろん、社内に両方の知識のある人材がおり、うまくハンドリングできれば問題はないですが、そのような人材は非常に少ないと考えられます。
そこで、当社では、ホームページを制作する過程でPRのプロフェッショナルも連動することにより、より多くのマスコミ関係者に振り向いてもらうためのお手伝いをいたします。

 ■会社概要
商号 : 株式会社プロイノベーション
代表者 : 代表取締役 久原 健司
所在地 : 〒145-0064
東京都大田区上池台五丁目1番18号 サクシード上池台201号室
設立 : 2007年3月22日
事業内容: システム受託開発
資本金 : 500万円
URL : http://proinnv.com/

https://www.sankeibiz.jp/business/news/180426/prl1804261002015-n1.htm